読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

輪島 Wajima

輪島朝市

f:id:tsunagarusekai:20160730205344j:plain
全国でもっとも有名な朝市のひとつです。輪島朝市の歴史はたいへん古く、平安時代にまでさかのぼります。他に名の知れた朝市の歴史を調べてみると、勝浦は安土桃山時代、高山は江戸時代、呼子は大正、函館にいたっては昭和の始まりです。規模は観光客の数に比例するので函館がいちばん大きいかもしれませんが、歴史は輪島が抜けています。とはいえ朝市はもともと民衆の暮らしの中で生まれてきたものなので、「日本最古の朝市」などとあまり大上段に構えて歴史を誇るのも、おかしな気もします。結果的に続いている、というのが素晴らしいことだと思います。

f:id:tsunagarusekai:20160730205421j:plain
f:id:tsunagarusekai:20160730205425j:plain
f:id:tsunagarusekai:20160730205435j:plain
「亭主の一人や二人、養えない女は女の風上にも置けぬ甲斐性なしだ」と自負しているのが輪島女の意気地だと言われているほど、輪島の女性は働き者だということです。

えがらまんじゅう Egara Manju

f:id:tsunagarusekai:20160730205810j:plain
黄の色はくちなしです。中にこし餡が入っています。栗の「いが」に見た目が似ているために「いがまんじゅう」がなまって、こう呼ばれるようになったそうです。

f:id:tsunagarusekai:20160730210221j:plain

稲忠コスモポリタン Inachu Cosmopolitan

f:id:tsunagarusekai:20160730211125j:plain
輪島塗を製造販売する「稲忠漆芸堂」により建てられました。「イナチュウ美術館」として運営されていましたが、2012年に同社の倒産により閉館しました。朝市通りに突如として姿を現す本格的な洋館は、異彩を放っています。

ふらっと訪夢(旧輪島駅) Furatto-home (Former Wajima Station)

f:id:tsunagarusekai:20160730212429j:plain
タクシーが並ぶ光景はまったく「駅」にしか見えませんが、現在は列車が来ることのない「道の駅」です。

f:id:tsunagarusekai:20160730212436j:plain
次の駅は「シベリア」、輪島駅のホームが再現されています。元々はいたずら書きだったものに、当時の駅長が遊び心で正式に(?)「シベリア」を書き足したといわれています。

總持寺祖院 Sojiji So-in

f:id:tsunagarusekai:20160730195222j:plain

元亨元年(1321年)に瑩山紹瑾禅師により創建されました。永平寺と並ぶ曹洞宗大本山でしたが、明治31年(1898年)の大火により伽藍の大部分を焼失しました。それをきっかけとして本山移転運動が盛り上がり、明治44年(1911年)に横浜市は鶴見の地へ移転しました。保守的な仏教界にあって、本山移転は珍しい例です。
焼失した伽藍は再建され、祖院と呼ばれるようになりました。「祖院」という言葉からは、小さなお堂ひとつに由緒書きの看板が立っているだけのような光景を連想しがちですが、実際はこれが大本山といってもいいくらいの立派で、また趣のあるお堂ばかりです。

tsunagarusekai.hatenablog.com
f:id:tsunagarusekai:20160730202739j:plain
f:id:tsunagarusekai:20160730202735j:plain
f:id:tsunagarusekai:20160730202742j:plain

上時国家 Kami Tokikuni House

f:id:tsunagarusekai:20160730220730j:plain
アプローチが独特です。

f:id:tsunagarusekai:20160730220618j:plain
上時国家と下時国家がありますが、どちらも「時国家」です。初代時国の父は、かの有名な「平家に非ずんば人に非ず」と言った平時忠です。源に敗れた平時忠は捕えられ、能登へ流されました。これが「時国家」のはじまりです。ではなぜ「平家」ではなく「時国家」なのか? それは鎌倉からの刺客を恐れた時国が姓を、「平」から「時国」に改めたためです。「平家に非ずんば人に非ず」と言った時忠の息子が、みずから「平」の姓を捨てたというのは見事な歴史の皮肉です。

f:id:tsunagarusekai:20160730220626j:plain
f:id:tsunagarusekai:20160730220630j:plain
f:id:tsunagarusekai:20160730220643j:plain
f:id:tsunagarusekai:20160730220646j:plain
外出にはかならず駕籠を使い、めったに当主の顔を見ることはできなかったといわれています。

f:id:tsunagarusekai:20160730220649j:plain
こんなに立派な神棚は知りません。

下時国家 Shimo Tokikuni House

f:id:tsunagarusekai:20160730220737j:plain
f:id:tsunagarusekai:20160730220740j:plain
f:id:tsunagarusekai:20160730220749j:plain

白米千枚田 Shiroyone Semmaida (Rice Terraces)

f:id:tsunagarusekai:20160730214449j:plain
f:id:tsunagarusekai:20160730214454j:plain
とんびに狙われるのは、カラスに狙われるより恐ろしいです。

輪島の風景 Wajima Landscape

間垣 Magaki

f:id:tsunagarusekai:20160730215516j:plain
強い日本海の風から家を守るための高い竹垣です。能登特有の風景です。自動販売機の場所をちゃんとくりぬいてあるのが素敵です。

曽々木隧道 Sosogi Tunnel

f:id:tsunagarusekai:20160730215521j:plain